内科系 医学 基礎系 感染症

慢性疾患に伴う貧血(ACD)の「慢性疾患」とは?

慢性疾患に伴う貧血(Anemia of chronic disease;ACD)の概要

  • ACDは二次性貧血のひとつである
    • 二次性貧血とは、血液疾患以外の基礎疾患に続発した貧血をいう。
    • 二次性貧血の中でも,
      • 慢性感染症・膠原病・炎症性腸疾患・悪性腫瘍によるものを「慢性疾患に伴う貧血(anemia of chronic disease:ACD)」
      • 腎疾患によるものを「腎性貧血」という.
  • 慢性疾患がある場合,Hb≧9 g/dL で,末梢血に異常細胞なく,鉄欠乏性貧血でなければ慢性疾患に伴う貧血と考えられることがほとんどである1
  • 小球性貧血が6割、正球性貧血が4割とされている1
  • 二次性貧血では,貧血自体の治療よりも,基礎疾患の診断や治療が重要となる。

 

そもそもなぜ慢性疾患があると貧血になるのか?

①炎症によりIL-6(interleukin-6)などの炎症性サイトカインの濃度が高くなると,ヘプシジンの転写が肝臓で亢進する2
ヘプシジンはフェロポーチン(鉄排出たんぱく質)と結合し,細胞内リソゾームへと誘導することにより,フェロポーチンを分解へと導く
腸上皮細胞やマクロファージで、フェロポーチンの発現が低下する
④これらの細胞からの血液中へ鉄の排出が抑制される.
⑤赤芽球産生が阻害され、貧血をきたす

その他の機序:IL-1,IL-10,TNFα,Interferon-γといったサイトカインがエリスロポエチン分泌低下,マクロファージによる赤血球貪食促進や鉄貯蔵亢進などを引き起こし,複数の機序で骨髄での赤芽球産生低下を来す1

 

慢性疾患とは一体何なのか

 

 

  • なお、感染,炎症性疾患,悪性腫瘍,腎不全が併存しなくても,肝・肺・心疾患や重篤な糖尿病などで鉄利用障害の貧血は認められ,これらの疾患がACDとなる原因の 29%を占める3

 

参考文献

  1. ジェネラリストのための内科診断リファレンス エビデンスに基づく究極の診断学をめざして 酒見 英太 (監)
  2. 鉄代謝―最近の知見―張替 秀郎
  3. Cash JM, Sears DA. The anemia of chronic disease: spectrum of associated diseases in a series of unselected hospitalized patients. Am J Med. 1989 Dec;87(6):638-44. doi: 10.1016/s0002-9343(89)80396-1. PMID: 2589399.

-内科系, 医学, 基礎系, 感染症
-, ,