内科系 医学

Asthma and COPD overlap(ACO)とは一体何なのか

概念

  • 慢性の気流閉塞を示し,喘息とCOPDのそれぞれの特徴を併せ持つ疾患.
  • 症状が強く急性増悪も多い。1
  • 肺機能低下が早く死亡率も高いとされる。
  • さまざまな定義が提唱されておりコンセンサスは得られていないが、吸入ステロイド(ICS)を柱とする喘息治療が推奨される

ACOの診断基準

  • 40歳以上で喫煙歴があり,スパイメトリーで気流閉塞(FEV1.0%<70%)あるいは慢性の咳痰,息切れ等の臨床症状で訪れる患者に対して,身体所見,胸部X線撮影によってびまん性汎細気管支炎,先天性副鼻腔気管支症候群,閉塞性汎細気管支炎,気管支拡張症,肺結核,塵肺症,リンパ脈管筋腫症,うっ血性心不全,間質性肺疾患,肺癌等の閉塞性換気障害を来たし得る疾患を除外する2
  • その後,短時間作用性β2刺激薬吸入後のFEV1.0%を測定する.
  • FEV1.0%<70%の場合には,「ACOの定義」に記載されている「COPDの特徴」と「喘息の特徴」について,問診及び該当項目を検査する.
  • 診断基準に従って,喘息の特徴とCOPDの特徴を併せ持つ場合をACOと診断する

引用文献

1:ジェネラリストのための内科外来マニュアル第3版

2:https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/107/6/107_1083/_pdf/-char/ja (2024/01/27閲覧)

  1. 1
  2. 2

-内科系, 医学
-, ,