内科系 医学 検査系

白血球数増加・減少する疾患

検査の意義

  • 白血球は好中球、リンパ球,単球、好酸球、好塩基球の5種類がある
  • 白血球数の異常を認めた場合、必ず白血球分画検査を行い,増加あるいは減少している白血球の種類を同定する必要がある
  • 白血球分画の正常分布は下記の通り

・好中球 :40〜60%
・リンパ球:20〜40%
・単球:2~8%
・好酸球 : 1〜4%
・好塩基球:0.5~1%

 

白血球数が増加する疾患

  • 最も一般的なタイプは成熟好中球の絶対数の増多。
  • 発熱や疼痛があれば,感染症や悪性腫瘍が背景にある可能性が高くなる
  • 寝汗体重減少あざができやすい,出血などの症状は,血液悪性腫瘍を示唆している可能性がある
  • 血液悪性腫瘍が疑われる場合には骨髄採取を行う必要がある
    • その際にはフローサイトメトリー,細胞遺伝学的検査などが含まれる場合があるので専門家に相談してから行う
  • 心雑音に示唆される感染性心内膜炎,リンパ節腫脹に示唆されるリンパ増殖性疾患,脾腫に示唆される骨髄増殖性疾患,といった疾患のスクリーニングも念頭に診察を行う
好中球増多

外傷、手術侵襲,慢性炎症(膵炎など),先天性、感染症,薬剤性,脾臓摘出術後など

リンパ球増多

急性または慢性白血病、過敏反応,感染症(ウイルス性,百日咳)

単球増多

自己免疫疾患,感染症(EB ウイルス,サイトメガロウイルス,真菌、リケッチア,結核菌など)、脾臓摘出術後など

好酸球増多

アレルギー,喘息,好酸球性食道炎,特発性好酸球増多症候群,悪性腫瘍、薬剤性,寄生虫感染症など

好酸球増多

アレルギー、慢性骨髄性白血病など

 

 

白血球数増加へのアプローチ

  • 身体所見だけでなく、盗汗や体重減少、血腫など病歴聴取も重要となる

 

白血球数が低下する疾患

  • 一般に末梢血の白血球数が4,000/µL 未満の場合を白血球減少という(ただし,健常人でも常時 3,000 ~ 4,000/µL 程度の人もいる)
  • 白血球減少の頻度としては好中球減少(< 1,500/µL)が最も多く,次いでリンパ球減少(< 1,500/µL)が多い
  • 末梢血の白血球のうち,好中球が 1,000/µL 以下になると感染症を合併しやすく,特に 500/µL 以下では重症の感染症を発症しやすくなる
  • 白血球減少症の診察では,発熱(感染症,悪性腫瘍,自己免疫疾患),リンパ節腫脹(感染症,悪性リンパ腫),貧血の有無(眼瞼結膜の変化や駆出性雑音:骨髄異形性症候群,急性白血病など),出血傾向(紫斑や点状出血:急性白血病 ,再生不良性貧血など),皮疹(アレルギー,ウイルス感染症,全身性エリテマトーデス),肝脾腫(白血病や伝染性単核球症)などの所見を,カッコ内のような背景疾患を考慮しながら確認する

白血球数低下へのアプローチ

  • 末梢血の白血球のうち,好中球が 1,000/µL 以下になると感染症を合併しやすく,特に 500/µL 以下では重症の感染症を発症しやすくなるので,発熱を伴う場合には迅速に血培を採取し緑膿菌カバーを含めた広域抗菌薬の投与が必要

 

参考書籍

レジデントノート Vol.22 No.16 羊土社

-内科系, 医学, 検査系