内科系 医学 身体診察

頚静脈を評価してみよう〜内頚静脈と外頚静脈 どちらをみるか〜

頚静脈をなぜ評価するか?

  • 正常では座位・立位で頚静脈怒張は見られない
  • 坐位での頸静脈怒張は,中心静脈圧(≒右房圧)の上昇を意味する.
  • そのため頚静脈怒張を観察することで、右心不全,右心への還流障害をきたす疾患を想起することができる

 

外頚静脈・内頚静脈の解剖

 

1

 

 

 

体表からどのようにみえるか

  • 外頚静脈は体表から直視できる
  • 右内頚静脈は胸鎖乳突筋の裏側に位置するため、胸鎖乳突筋の動きを見て評価する必要がある

2

 

 

外頚静脈・内頚静脈 どちらも長所短所がある

①外頸静脈をみることで,瞬時にemergencyな病態の把握が可能となることがある
②右内頸静脈をみることで,刻一刻と変化する体液量を、ベッドサイドで1日に何度も評価することが可能となる

 

2

 

みえづらい右内頚静脈をどうやってみるか

 

45°座位はCVP評価に適する

  • 45°坐位で,右内頸静脈拍動が胸骨角から4.5 cm以上のとき,CVP上昇とする

 

2

 

右内頚静脈がみづらいときはペンライトをつかう

  • 右内頚静脈に対して接線方向から光を当てることで,皮膚の微動が見やすくなる

2

 

内頚静脈と頚動脈拍動の違いを意識する

 

  • 頸動脈拍動との違いを意識する(下図)
  • 頸動脈拍動や心音との関係から,内頚静脈の動きを想定すると,見つけやすくなる

 

2

 

 

まとめ

  • 頚静脈怒張を観察することで、右心不全,右心への還流障害をきたす疾患を想起することができる
  • 外頚静脈をみることで,瞬時にemergencyな病態の把握が可能となることがある
  • 右内頚静脈をみることで,刻一刻と変化する体液量を、ベッドサイドで1日に何度も評価することが可能となる

 

 

参考文献

  1. プロメテウス解剖学アトラス 胸部/腹部・骨盤部 第3版
  2. レジデントノート 2016年5月号 Vol.18 No.3 身体診察ってこういうことだったのか! 〜教科書だけではわからない「手あて」の医療がみえてくる! 平島 修 (編集)

-内科系, 医学, 身体診察
-, , ,