育児

【リアル口コミ】ヤマハ英語教室に1年通ってみた【感想】

 

 

娘が年少にあがったころからヤマハ英語教室に通い始めて1年経ちました。
これから通おうか迷っている方の参考になればと思い、リアルな感想を書きたいと思います。

 

 

ヤマハ英語教室とは

年少児は「ポップコーントーク」というクラスになります。

 

料金

レッスン料 月額 5,280円(税込)※教室により、別途入会金・施設費がかかります。
※イベント・催事などの参加費を別途かかる可能性もあります。
教材費 入会時 12,430円(税込)※春入会(4月)の場合、半年後に追加教材費6,600円がかかります。

教材

・レッスンで使用する音楽が入ったCD

・Song Book

・うさぎのHoppyぬいぐるみ

・DVD

・ミニ絵本

・工作の冊子

兄弟がいて既に持っている教材は購入しなくても大丈夫です。

レッスンの概要・対象年齢

クラス人数 クラス3組以上のグループレッスン
※保護者同伴
レッスン回数 3回(1回50分)
対象 3歳児(開講年度の4月1日に満3歳になっているお子さま)
期間 最長1年間  ※随時入会可能
コース修了後は「トーキッズ」に進みます。

メリット・デメリット

メリット

英語をフレーズで覚えられる

レッスンは最後の絵本タイム以外、音楽に合わせて、
 身振り手振りをつけて、進んでいきます。

「My tummy hurts」(お腹が痛い)

「Where is ball?」(ボールはどこ?)

などごっこ遊びのようになりきって真似をします。

歌に合わせて覚えていくので、聞いたまま

「I did it」(アイディディ)

「I like it」(アイライキッ)

など発音しています。

発語を押し付けない

レッスンが始まる前に3つのお約束の確認をします。

・真似っこしてね
・よく聞いてね
・よくみてね

だからといって、無理に単語のリピートさせたりすることもなく
日本語の歌を歌うように、フレーズで英語を覚えて歌っています。

今はインプットを多くさせて英語が好き!と感じてほしいと思っているので、

無理にアウトプットさせない雰囲気が気に入っています。

親子参加で兄弟もつれていける

下の子も一緒に教室に連れて行って英語に触れさせてあげられることは、経済的にも助かりますよね。

実際、下の子も英語の歌を歌ったり、

See you.と帰り際に挨拶したり、アウトプットに関しては

上の子よりしているかも、と思うほどです。

 

デメリット

多くの単語力はつかない

フラッシュカードをみせて、単語を覚えたりする時間はなく、色のカードや形の単語を確認したりする程度です。

単語をどんどん覚えて、アウトプットしてほしい、と思う方は物足りなく感じるかもしれません。
英語教室に通うだけでは、単語力はあまり多くはつかないので、家で補う、必要があります。

娘は、英語教室に通う前に、自宅で英語の掛け流しをしたり、
フラッシュカードをみせていたりしました。

また、タッチペンで遊ぶ英語教材も持っています。

https://amzn.to/3RPZrbv

日本語と英語を切り替えることができ、録音機能もあって

楽しいようで、よく遊んでいます。

そのおかげか、動物、色、数など簡単な単語は覚えています。

・講師がネイティブではない


常時日本人講師が担当で、月1回でもネイティブ講師が来るわけではないので、

ネイティブ英語に触れさせたい方には気になってしまう点かもしれませんね。

英語教室に何を求めているかにもよりますが、

英語が聞き取れて会話できるようになって欲しい、という目標だとしたら

ネイティブ講師でなくても十分であると感じます。

 

 

こんな方におすすめ

・耳を慣らすために、英語に楽しく触れさせたい
・音楽に合わせて英語をフレーズで覚えさせたい

そんな方はヤマハ英語教室にお子さんを通わせるのはおすすめです。

 

-育児